CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。未来へつなぐために、今できること。

第10回なす

和食、食べていますか?和食、食べていますか?

和食は日本の文化。そこには昔から受け継がれてきた技、知恵があります。でも食が多様化するなかで、和食を食べる機会が減ったり、伝統的食材が失われてきたり・・・。無形文化遺産に登録されたということは「消失する可能性がある」という警鐘でもあるのです。いまの私たちにとっての、和食って何でしょう?和食の未来について考えることは、調理家電メーカーにとってモノ作りと同じくらい大切なこと。この和食シリーズ企画第3弾では、三菱電機が考える、現代の食卓に合った“これからの和食”について、さまざまなテーマから、ご提案していきます。

和食は日本の文化。そこには昔から受け継がれてきた技、知恵があります。でも食が多様化するなかで、和食を食べる機会が減ったり、伝統的食材が失われてきたり・・・。無形文化遺産に登録されたということは「消失する可能性がある」という警鐘でもあるのです。いまの私たちにとっての、和食って何でしょう?和食の未来について考えることは、調理家電メーカーにとってモノ作りと同じくらい大切なこと。この和食シリーズ企画第3弾では、三菱電機が考える、現代の食卓に合った“これからの和食”について、さまざまなテーマから、ご提案していきます。

和食に関するアンケート集計結果

第10回なす

第10回のテーマは、なす。
形も色もさまざまで、種類も豊富な食材。
古くから日本人に親しまれた野菜のひとつです。

なすを使ったレシピ

なすを買うときは、皮とヘタ、ガク、重さをチェックして鮮度のよいものを選びましょう。
皮は色がムラなく濃く、ハリと光沢があることがポイント。ヘタの切り口が新しいこと、ガクにとげがある品種はチクチク刺さるくらいに硬くとがっていることも鮮度の証です。そして、持ったときに重みを感じるものが良品です。
なすは鮮度が落ちると種の色が変わり、口当たりも悪くなってしまいます。新鮮なものをすぐに食べ切りたいところですが、保存するのであれば温度と風に注意してください。夏野菜のなすは、低温が苦手。また、風に当たると水分が蒸発してしなびてしまいます。濡らした新聞紙などでゆるめに包み、涼しいところに置きましょう。暑い季節は冷蔵庫の野菜室を利用してください。