環境会計

印刷用ページへ

集計期間・範囲と算定基準

集計期間・範囲

  • 対象期間:2015年4月1日~2016年3月31日
  • 集計範囲:当社、国内関係会社112社、海外関係会社79社(合計192社)
  • 集計範囲は本環境報告の対象範囲と同じです。

算定基準

「環境省環境会計ガイドライン(2005年版)」に基づき、環境保全コスト、環境保全効果(環境パフォーマンス)、環境保全対策に伴う経済効果(収益・費用節減の実質効果)を集計しています。 経済効果として、収益・費用節減の実質効果とともに、三菱電機グループ環境会計基準に基づく推定効果(お客様の製品使用時における電気代節約などの「顧客経済効果」と、事業所外において得られる「環境改善効果」)を集計しています。

  • 環境保全コストは、過去5年間の設備投資による減価償却費を、5年定額償却として集計しています。設備投資による収益・費用節減の実質効果も過去5年間の投資による効果(年度ごとの効果)を集計しています。
  • 前年度との比較においては、集計範囲の変化を前年度のデータも修正した上で算出しています。

2015年度の実績

環境保全コスト

環境設備投資額の推移/環境費用の推移/環境研究開発費の推移

環境保全コスト
上段:三菱電機グループ/下段:当社/単位:億円
項目 設備
投資
費用 前年度比
費用増減
主な内容
事業エリア内活動 52.0 100.1 ▲7.8
34.9 70.0 ▲0.0
  公害防止 5.3 13.8 ▲13.4 海外での排気浄化装置
施設管理、排水処理、公害測定、土壌調査・処理
3.1 10.5 ▲8.2
地球環境保全 45.7 57.3 9.8 空調・照明・コンプレッサー等ユーティリティの高効率化更新、余熱回収装置導入、生産設備更新
31.4 42.3 9.1
資源循環 1.0 28.9 ▲4.3 産業廃棄物処理委託、廃棄物管理、PCB関連処理
0.3 17.2 ▲0.8
上・下流 0.0 2.4 ▲3.2 包装改善活動、含有物質調査・分析
0.0 2.2 ▲2.0
管理活動 0.1 15.1 ▲16.1 環境事務局、美化・緑化、ISO審査、教育
0.0 11.8 ▲12.8
研究開発 1.5 47.9 11.3 SiCデバイスの開発、冷媒規制対応空調デバイスの開発、省エネルギー製品開発、洋上風力向けC-GISの開発、高生産性技術開発
1.4 47.2 11.7
社会活動 0.0 0.3 ▲0.0 周辺地域の美化活動・清掃、里山保全活動、地域ボランティア
0.0 0.2 ▲0.0
環境損傷対応 0.0 2.0 0.2 大気汚染負荷量賦課金
0.0 2.0 0.2
連結合計 53.7 170.5 ▲13.0
単独合計 36.3 135.5 ▲0.7

環境保全効果(環境パフォーマンス)
上段:三菱電機グループ/下段:当社/単位:億円
項目 単位 2015年度実績 前年度比増減 売上高原単位の
前年度比
総エネルギー投入量 万GJ 1,911 ▲8 98%
1,154 ▲3 100%
水資源投入量 万m3 1,078 ▲44 95%
754 ▲16 98%
温室効果ガス排出量 万トン-CO2 128 4 102%
64 6 110%
CO2(エネルギー消費) 万トン-CO2 104 9 108%
58 7 113%
HFC、PFC、SF6 万トン-CO2 24 ▲5 81%
6 ▲1 89%
大気への化学物質排出移動量 トン 740 ▲137 83%
456 ▲60 88%
総排水量 万m3 901 ▲35 95%
646 ▲32 95%
水域・土壌への化学物質排出移動量 トン 15 ▲29 34%
5 ▲5 54%
廃棄物等総排出量 トン 212,081 ▲11,787 93%
84,606 ▲5,437 94%
最終処分 トン 470 ▲184 71%
1 0 140%

環境保全効果

環境保全活動に伴う経済効果(実質効果)
上段:三菱電機グループ/下段:当社/単位:億円
項目 2015年度 増減 主な内容
収益 31.8 ▲6.0 有価物売却益(金属くず、廃プラスチック、紙、ダンボール、木板)
20.4 1.4
節約 29.4 ▲1.0 省エネルギー化による電気代の節約、緩衝材の削減
17.9 3.2
連結合計 61.1 ▲7.0
単独合計 38.2 4.7
製品・サービスの環境配慮に伴う経済効果(推定効果)
上段:三菱電機グループ/下段:当社/単位:億円
項目 推定効果(単位:億円) 主な内容
2015年度
連結合計 34,420 製品使用時CO2削減貢献量推計の対象製品(124)のエネルギー消費削減による電気料金削減
単独合計 27,071
  • エネルギー消費量削減量の基準製品は、2000年度販売製品相当。効果金額算定では、IEA Energy Prices and Taxes に掲載の電力料金を参照。

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報