お知らせ

印刷用ページへ

資源有効利用促進法の施行に伴う小形二次電池の回収

2001年4月1日に資源有効利用促進法が施行され、小形二次電池のメーカ及び小形二次電池を使用する機器のメーカ等に、小形二次電池の回収と再資源化が義務付けられました。

三菱電機グループでは、「(社)電池工業会 小形二次電池再資源化推進センター」に加盟し、同センターが運営する「使用済み小形二次電池の回収システム」を活用して、三菱電機グループ製品に使用されている小形二次電池を、下記の通り回収致します。

1.回収の対象となる小形二次電池

密閉型アルカリ蓄電池
  • ニカド電池
  • ニッケル水素電池
リチウム蓄電池
  • リチウムイオン電池
密閉型鉛蓄電池
  • 小形シール鉛電池
    [但し、電気容量が234kクーロン以下(65Ah以下)の電池で、かつ、ヘッドホンステレオ、ハンディークリーナー、コードレステレホン及びビデオカメラ用のものに限ります]
但し、パソコン製品の二次電池に関しては、下記にお問合せ下さい
三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社 情報機器リサイクルセンター
E-Mail:rcs_info@mdit.co.jp メールソフトが起動します URL:http://www.diarcs.com新しいウィンドウが開きます

2.回収方法と料金

  • 下記の回収拠点に回収箱を設置しております。お手数ですが、製品から二次電池を外して、電池単体の形でユーザ様がお持込み願います。
  • 無償で回収しますが、回収拠点までの費用は、ユーザ様がご負担願います。

3.回収拠点


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報