生産時のCO2排出削減

印刷用ページへ

第8次環境計画(2015~2017年度)の目標と2015年度の進捗

第8次環境計画(2015~2017年度)では、「エネルギー起源CO2」と「CO2以外の温室効果ガス(SF6、HFC、PFC)」を合わせた削減活動を推進し、2020年度には全温室効果ガスの年間排出量をCO2換算で154万トン以下に抑制することを目標としています。

計画初年度である2015年度のCO2排出量は128万トンとなり、目標の140万トンを達成しました。主な要因は、国内では、老朽化した空調機や変圧器などのユーティリティを高効率機器に更新したこと、照明のLED化が進んだこと、海外では独自生産技術を開発したことでエネルギー使用量削減が進んだほか、SF6ガスの回収能力向上によって削減できたことです。

生産時のCO2の排出削減計画
  • ※1 基準年度:CO2:当社単独1990年度、国内関係会社2000年度、海外関係会社2005年度
    CO2以外の温室効果ガス:当社単独及び国内関係会社2000年度、海外関係会社2005年度
  • ※2一般社団法人 日本電機工業会の公表値(1997年)
  • ※3第8次環境計画策定時の電気事業連合会公表値(2013年、原発2基稼動時)
  • ※4海外の排出係数は一般社団法人 日本電機工業会の公表値(2006年)を参照し算出。
  • ※5CO2以外の温室効果ガスの地球温暖化係数はIPCC第二次評価報告書の公表値(1995年)を参照し算出。

エネルギー起源CO2の削減施策と取組成果

エネルギー起源CO2の削減に当たっては、「ユーティリティの省エネ推進」と「生産設備の省エネ推進」を活動の柱とし、2015年度は2.8万トンを削減しました。

「ユーティリティの省エネ推進」では、老朽化した空調機器の高効率機器への更新及び運用改善、照明のLED化及び運用改善、ファン、ポンプの高効率機器への更新、ボイラ、受配電設備の運用改善によって1.4万トンを削減しました。

「生産設備の省エネ推進」では、当社の「e-F@ctory」による省エネソリューションシステムを導入し、消費電力を見える化してムダ取りを進めたほか、熱ロスや待機電力を削減するために加熱設備、油圧・空圧設備の更新や、生産手法改善、工数削減などの工夫を進め、1.1万トンを削減しました。

今後は、法定耐用年数を経過した空調機器の早期更新、国内工場の照明LED化の更なる推進、エネルギーの見える化システムによるエネルギーのムダ取り、加熱設備の断熱、インバータ化、待機電力削減といった生産設備の省エネ対策に取り組みます。

【事例紹介】SIAM COMPRESSOR INDUSTRY CO., LTD.

タイで空調・冷熱機器用圧縮機を製造しているSIAM COMPRESSOR INDUSTRY CO., LTD.では、2015年度、1,544トンのCO2排出量を削減しました。

特に削減効果が大きかったのは、圧縮機試験装置と塗装ラインへのヒートポンプ導入で、合計652トンを削減しました。このほか、機械加工装置のクーラントポンプの共有化、太陽光発電の導入などで892トンを削減しました。

SIAM COMPRESSOR INDUSTRY CO., LTD.全景
SIAM COMPRESSOR INDUSTRY CO., LTD.全景

【事例紹介】神戸地区(神戸製作所、電力システム製作所、系統変電システム製作所)

当社の神戸地区には、公共・鉄道の社会インフラ向け監視制御システムなどを製造している「神戸製作所」、発電プラントシステム、粒子線治療装置などを製造している「電力システム製作所」、電力系統・保護制御システムなどを製造している「系統変電システム製作所」の3つの生産拠点があります。

従来、設計開発担当技術者は地区内に点在していましたが、エンジニアリング体制の強化と業務効率化のため、新技術棟を建設し(2014年3月31日竣工)、設計開発機能を集約しました。新技術棟には、全フロアに調光制御ができるLED照明、高効率な空調機・変圧器、回生電力機能が付いたエレベーターを設置しているほか、断熱複層ガラスの採用や庇によるライトシェルフ効果設計、屋上緑化など、様々な省エネルギー対策が施されています。こうした工夫によって2015年度、183トンのCO2排出量削減ができました。

技術棟
技術棟
LED照明が取り付けられたフロア
LED照明が取り付けられたフロア
屋上緑化
屋上緑化

SF6、HFC、PFCの削減施策と取組成果

三菱電機グループが事業活動で主に排出するCO2以外の温室効果ガスは、SF6(六フッ化硫黄)、HFC(ハイドロフルオロカーボン)、PFC(パーフルオロカーボン)の3種類です。SF6は電気絶縁用途でガス絶縁開閉装置の内部に使用されるほか、半導体・液晶などのエッチング工程でも使用されます。

HFCはエアコン・冷蔵庫の内部で冷媒として、PFCは、半導体・液晶などのエッチング工程で使用されます。

2015年度は、国内工場でのガス回収装置の能力増強、海外工場での充填時の運用改善によってSF6の排出量削減が進み、全体ではCO2換算で3万トンを削減しました。

今後は、国内では、SF6ガスの回収能力向上に継続して取り組むとともに、SF6、PFCの半導体エッチング工程への除害装置導入を進めます。海外では、HFCの冷媒再生回数増加に向けて再生装置の検証を進めるとともに、冷媒回収スキームを継続して運用していきます。

SF6、HFC、PFCの削減施策と取組成果

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報