生産時のCO2排出削減

印刷用ページへ

第8次環境計画(2015~2017年度)の目標と2016年度の進捗

第8次環境計画(2015~2017年度)では、「エネルギー起源CO2」と「CO2以外の温室効果ガス(SF6、HFC、PFC)」を合わせた削減活動を推進し、2020年度には全温室効果ガスの年間排出量をCO2換算で154万トン以下に抑制することを目標としています。

2016年度の温室効果ガス排出量はCO2換算で134万トンとなり、目標の143万トン以下を達成しました。主な要因は、国内ではポンプのインバータ化や空調・照明機器の更新を行ったこと、また海外では設備更新や、生産設備の運用改善が進んだことです。CO2以外の温室効果ガスについては除害、回収が進み、計画が順調に進展しました。

生産時のCO2の排出削減計画
  • ※1 基準年度:CO2:当社単独1990年度、国内関係会社2000年度、海外関係会社2005年度
    CO2以外の温室効果ガス:当社単独及び国内関係会社2000年度、海外関係会社2005年度
  • ※2一般社団法人 日本電機工業会の公表値(1997年)
  • ※3第8次環境計画策定時の電気事業連合会公表値(2013年、原発2基稼動時)
  • ※4海外の排出係数は一般社団法人 日本電機工業会の公表値(2006年)を参照し算出。
  • ※5CO2以外の温室効果ガスの地球温暖化係数はIPCC第二次評価報告書の公表値(1995年)を参照し算出。

エネルギー起源CO2の削減施策と取組成果

エネルギー起源CO2の削減に当たっては、「ユーティリティの省エネ推進」と「生産設備の省エネ推進」を活動の柱とし、2016年度は2.5万トンを削減しました。

「ユーティリティの省エネ推進」では、ポンプのインバータ化や空調・照明機器の更新、空調の設定温度変更をはじめとする運用改善などによって、1.9万トンを削減しました。

「生産設備の省エネ推進」では、生産設備の更新や生産効率の改善などによって電気エネルギー使用量の削減を図り、0.4万トンを削減しました。

今後は海外工場を中心とした生産規模拡大に伴ってCO2排出量も増大すると予想されますが、ユーティリティの更新やエアーコンプレッサーの運用改善などに取り組み、引き続き排出量の低減を図っていきます。

【事例紹介】Mitsubishi Electric Consumer Products(Thailand)Co., Ltd.

タイで空調機器を製造しているMitsubishi Electric Consumer Products(Thailand)Co., Ltd.では、①全員参加の取組、②経営幹部の積極的サポート、③計画と実行の継続を方針に掲げて省エネ活動に取り組んできました。これらの方針を全従業員に浸透させ、全社一丸となって、生産時の省エネから、省エネに貢献する製品の開発・製造、そして管理レベルの向上まで、持続性の高い省エネ活動を6年以上継続した結果、2011年度からの累計で1万t-CO2のCO2排出量を削減しました。

これらの取組を通じて、環境への配慮を追求することで企業の持続性も向上する環境経営モデルも構築しました。ブランド力の向上によって2011年度比で売上高が78%増加、同1.9億円の生産時のエネルギーコスト削減にもつながるといった成果が出ています。

同社はタイ王国エネルギー省主宰のタイランドエナジーアワードにおいて、2011年度から2016年度までで6件受賞。省エネ優良企業として政府のパネル討議に招待されました。

Mitsubishi Electric Consumer Products(Thailand)Co., Ltd.全景
Mitsubishi Electric Consumer Products(Thailand)Co., Ltd.全景

【事例紹介】名古屋製作所

当社名古屋製作所の主力製品は、ものづくりの現場の生産性を高めるファクトリーオートメーション(FA)製品です。これらの製品を自社工場でも活用しており、適宜新機種を投入して生産性向上を図っています。

また、2014年度には、FA機器新生産棟が稼働しました。この工場では空調機や熱源、外調機、照明などに高効率機器を採用するとともに、IoT技術の活用や、FA技術・IT技術を連携した当社「e-F@ctory」によるシステムの構築で、生産性の向上や設備の最適運用を実現。エネルギー使用状況だけでなくあらゆる設備や環境情報の見える化、建屋設備と生産設備との連係制御により、高度なエネルギー監視・制御を可能にしました。これらの取組により、電力使用原単位は従来比で30%(120kWh/m2・年)の削減を実現し、事業所全体での年間使用電力量抑制効果は13%(9,273千kWh/年)に達しています。

これら新生産棟に関する取組が評価され、名古屋製作所は、平成28年度省エネ大賞・省エネ事例部門において資源エネルギー庁長官賞(節電分野)を受賞しました。

名古屋製作所
名古屋製作所

SF6、HFC、PFCの削減施策と取組成果

三菱電機グループが事業活動で主に排出するCO2以外の温室効果ガスは、SF6(六フッ化硫黄)、HFC(ハイドロフルオロカーボン)、PFC(パーフルオロカーボン)の3種類です。SF6は電気絶縁用途でガス絶縁開閉装置の内部に使用されるほか、半導体・液晶などのエッチング工程でも使用されます。

HFCはエアコン・冷蔵庫の内部で冷媒として、PFCは、半導体・液晶などのエッチング工程で使用されます。

2016年度は、国内工場での除外装置導入の拡大や、海外工場での回収能力向上によって排出量削減が進み、全体ではCO2換算で2.1万トンを削減しました。

今後は、国内では、SF6ガスの回収率向上と、SF6、PFCの半導体エッチング工程への除害装置導入に引き続き取り組んでいきます。海外では、HFCの冷媒再生回数増加に向けて再生装置の検証を進めるとともに、冷媒回収スキームを継続して運用していきます。

SF6、HFC、PFCの削減施策と取組成果

CDPの最高評価「Aリスト企業」に選定されました

CDP A LIST 2016 CLIMATE / CDP SUPPLIER ENGAGEMENT LEADER 2016

当社は2016年度に、CDPから温室効果ガスの排出削減や気候変動緩和に向けた活動と戦略において特に優れた活動を行っている企業として評価され、「CDP気候変動 2016」において、最高評価であるAリスト企業に選定されました。また、「CDPサプライチェーン・プログラム」においても、「CDPサプライヤー 気候変動」でAリスト企業に選定されました。さらに、サプライチェーン全体での気候変動への取組を評価する「サプライヤー・エンゲージメント評価」でも、最高評価Aを受けました。これからも、取組を積極的に進めていきます。

  • CDP:企業や都市の環境への取組を調査・評価・開示する国際NGO(非政府組織)

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報