京都製作所が、カモのベイビーの故郷に!

印刷用ページへ
京都製作所が、カモのベイビーの故郷に!

2012年6月。液晶テレビなどを生産している当社の京都製作所内で、カモの親鳥が巣を作っているのが見つかりました。7月初旬には卵がかえり、7羽のかわいいヒナが誕生。やがてカモの親子は、社員に見守られながら近くの水田に引っ越し、今も元気に泳ぐ姿を見せてくれています。

2013年03月公開


カモのかあさんの産卵・育児フォトダイアリー in 三菱電機(株)京都製作所

6月1日

卵を抱いている親鳥を発見

構内を巡視していた保安員が発見したのは、茂みにひそむ不審者ならぬカモのおかあさん!なんと卵を抱いてじっとしていました。

6月25日

懸命に卵を抱いている親鳥

卵を、一生懸命温め続ける親鳥。天敵が悪さをしていないか、親鳥が弱っていないか、四六時中社員が様子を見守りました。

7月3日

ついに7羽のヒナが誕生。「ぴいぴい」と鳴き声をあげながら、よちよち歩くかわいい姿が見られました。道路に出てしまわないよう、巣の周囲に柵を設けました。

7羽のヒナが誕生。
安心する社員。

7月4日

水辺へ引っ越すカモの親子。その途中、ヒナの1羽が用水路に落ちるアクシデントが発生!
しかし、付き添っていた社員が助け出し、無事に近くの田んぼまでたどり着くことができました。

水辺を目指し出発。
1羽のヒナがはぐれる。
用水路に落ちるヒナ。
付き添っていた社員が救助。

元気いっぱいに泳ぎまわるヒナたちの姿に社員も一安心。成長したヒナが来年も京都製作所内に巣作りしてくれることを、社員一同、楽しみに待っています。

水辺を目指し出発。

カモのかあさんの産卵・育児フォトダイアリー in 三菱電機(株)京都製作所

カモのかあさんの産卵・育児フォトダイアリー in 三菱電機(株)京都製作所

動画を見る[ 約03分 ]

社員メッセージ

まるで、カモたちのお父さんになったような気持ちです。
これからも、彼らの成長を見守りたいと思います。

驚きの第一報を受けた後、なんとか無事に孵ってほしいとの思いですごした1カ月でした。実は産卵から孵化、巣立ちまで、毎日交代で見守りをしたんです。子ガモがよちよち親鳥の後を追う姿を見て、それまでの疲れは吹っ飛びました。専門家によると、カモは天敵のカラスやネコを避けるため、人に近い環境に営巣することがあるとのことです。また、適度な自然と、水場に近いことも不可欠とのこと。「カモの巣作り」に選ばれる優しい環境を維持していきたいです。

三菱電機(株)京都製作所 総務課 総務課長

中村昭彦


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報