野外教室リーダー養成講座2014

印刷用ページへ
先頭に立って社内外に環境マインドを広げるリーダーを育成。
全国で野外教室を開催しています!

当社が環境マインド育成の一環として実施している「みつびしでんき野外教室」は、2015年度で10年目を迎えます。

環境マインドとは、環境に配慮した行動を促す、自然を思う心のこと。当社は、「三菱電機グループの事業は生態系の恵みがあるからこそ成り立つ」という認識のもと、与える影響の最小化に努める必要があると考えています。野外教室は、企画と遂行を通して、社員が自然と事業活動との関連への理解を深めることで、環境マインドを醸成することを目的とした取組。この教室をけん引するリーダーを、「リーダー養成講座」によって増やしています。

2014年3月の時点で、「リーダー養成講座」の受講者は累計320人、教室の開催回数は延べ238回となりました。今回の特集では、2014年10月17日~18日に開催された最新の「野外教室リーダー養成講座」の様子を紹介します。

野外教室リーダーの育成と教室展開
野外教室リーダーの育成と教室展開

全国の事業所からリーダー候補が集まります。

養成講座で野外教室の基礎を学びます。

詳しくはこちら

実際に野外教室でリーダーを務めます。

詳しくはこちら

リーダーたちが全国の拠点に戻って野外教室を開催します。


2014年度には50人以上の野外教室リーダーが誕生しました。
2014年度には50人以上の野外教室リーダーが誕生しました。

2014年度には50人以上の野外教室リーダーが誕生しました。
「環境マインド」育成の詳細はこちら

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報