“都市に眠る鉱脈”からレアアースを発掘せよ!

印刷用ページへ
エアコンからのレアアース・リサイクルを読み解く5W1H

近年、安定確保が産業界の重要課題となっている「レアアース」。三菱電機グループは、2012年にルームエアコンのコンプレッサーからレアアース磁石(希土類磁石)を効率的に回収できるシステムを確立し、循環利用に向けた活動を始めました。ここでは、レアアース・リサイクルの重要性から、取組の全容、今後の展望までを5W1Hで紹介します。

2014年03月更新

元素周期表

Contents
  • 先端産業に不可欠なレアアースが足りない
  • 使用済みルームエアコンからレアアース磁石を回収
  • 新開発の自動解体装置がわずか30秒で磁石を脱磁・回収
  • 既設ラインへの組み込みで効率的な回収システム構築
  • グループ会社だけではなく磁石メーカーも巻き込んで
  • 「2030年・自給率50%」の国家目標に向け取組を加速

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報