Why? なぜ、レアアースのリサイクルが必要なの?

印刷用ページへ

先端産業に不可欠なレアアースが足りない

「レアアース」とは、地球上に存在する様々な金属の中でも、特に“希少(レア)な”元素。より正確に言えば、希少金属(レアメタル)のうち、「希土類」と呼ばれる17種の元素グループの総称です。これらの元素の多くは現在では電気自動車、高性能家電、パソコン、スマートフォンといった先端製品に不可欠の原材料になっており、今後も更なる需要拡大が予想されています。

ただし、これらレアアースの大部分は日本では産出しないため、全面的に輸入に頼っているのが現状。供給には常に不安がつきまとっていました。そうした中、2010年には世界のレアアース生産の大部分を占める中国が輸出規制を開始し、世界的にレアアース価格が一気に高騰しました。

こうしたことから現在日本の産業界では、中国以外のレアアース供給源の確保や代替材料の開発とともにレアアースのリサイクル、すなわち「使用済み製品からいかにレアアースを回収し再利用していくか」が、重要課題として浮上しているのです。

レアアースの代表的な用途

レアアースをめぐる現状と日本の課題

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報