東部研究所地区の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
自然との共生を目指す活動を各製作所で推進
2016年09月30日 更新
東部研究所地区

東部研究所地区と周辺の自然

東部研究所地区がある鎌倉市には、古くから人が暮らしており、山の間に田や畑が広がり、「谷戸(やと)」とよばれる独特の地形ができています。人が手入れをしてきた森林が多いことや、暖かい海流が近くを流れているので気温が高いことも大きな特徴です。

東部研究所地区のプロフィール

情報技術総合研究所
業務部
管理グループ
白濱 一之心

東部研究所地区では、現在、2014年度から2015年度にかけて実施した生きもの調査の結果をもとに、外来植物の駆除・防除や在来植物の導入などに取り組んでいます。
地元鎌倉市の行政や商工会議所などとも対話しながら、地域環境に配慮した環境づくりを進めるとともに、地域の子どもたちを対象とした環境教育なども継続的に実施していきます。

情報技術総合研究所 業務部 管理グループ 白濱 一之心

生きものから見る東部研究所地区の四季

調査 生きものリスト
調査 フォトギャラリー
対話 緑をめぐる対話
行動 考察と行動
東部研究所地区 生きもの図鑑(PDF:2,829KB)
鎌倉市の自然保護方針

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報