環境監査

印刷用ページへ

三種の環境監査

環境管理を推進する三種の監査

三菱電機グループでは、本社が製作所・研究所及び関係会社を対象に実施する「環境監査」、ISO認証機関がISO14001認証取得拠点を対象に実施する「マネジメントシステム審査」、本社、製作所・研究所、及び関係会社が自身で実施する「内部環境監査」、の三種の監査を組み合わせ、各拠点の環境活動を多角的にチェックしています。

これら三種の監査のうち、内部環境監査と環境監査の対象分野は、環境関連法規制に対する遵守状況や、有害物質漏洩等環境事故の予防措置状況、環境計画の実施状況など多岐にわたり、適正な監査を実施するには、高い専門知識とコミュニケーション能力が求められます。そのため、当社では、監査員の育成・スキルアップのための教育を継続的に実施しています。また、内部監査において拠点同士で相互監査方式を取り入れたり、本社から拠点へは監査員教育への講師派遣、社内技術教育での監査員講習などを実施し、グループ全体で監査員の力量をそろえ、環境マネジメントの質的向上と活性化を図っています。

三種の環境監査の概要

  内部環境監査 環境監査 マネジメントシステム審査
実施主体 製作所・工場・研究所、関係会社 本社 ISO認証機関
監査基準
  • 法規制
  • ISO規格
  • 各拠点の規則
  • 環境計画の進捗
  • 法規制
  • 環境に関する会社規則
  • 環境計画
  • ISO規格
頻度 半年に1回あるいは年1回 3年に1回 年1回

本社による環境監査・環境サーベイ

本社による「環境監査」では、当社の支社、製作所、研究所及び関係会社の経営層へのヒアリングに加え、書面及び現場において、防災・安全を含めた遵法や環境リスク管理の状況、内部環境監査の実態、化学物質の取り扱い状況、環境計画の実施状況を確認しています。

監査の結果は、環境担当執行役から社長に報告するとともに、不具合が発見された場合は速やかに是正を図っています。また、監査報告書や不具合の改善策をまとめた事例集などを「全社環境推進責任者会議」を通じてグループ内に伝達し、各拠点での活動内容の改善に役立てています。

2015年度は、国内69カ所(当社製作所9、本社部門11、支社7、国内関係会社42社)で環境監査を実施しました。環境法規制の遵法確認、環境関連設備のリスク確認、環境対応の体制などを確認し、発見された不具合については速やかに是正を図っています。


このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報