環境取組レベルの向上

印刷用ページへ

統一の基準で製造拠点の環境取組レベルを“見える化”

三菱電機グループは、第8次環境計画(2015~2017年度)で「環境経営基盤の強化」を目標の一つに掲げています。この目標に沿って、2015年度から環境負荷と環境取組レベルを統一基準のもとに“見える化”する独自のチェックシートを使用して評価しています。チェックシートは、「大気」「水質」「化学物質」「温暖化」「廃棄物」の5分野について、環境負荷と環境取組レベルをそれぞれ評価するもので、100点満点としています。

評価結果は、各事業本部が策定する環境実施計画や自拠点の改善活動などに反映しています。また、チェックシートを拠点間のコミュニケーションツールとして活用し、改善活動の内容を共有する取組も進んでいます。

2016年度は国内外91の製造拠点の調査・評価をし、当社、国内関係会社、海外関係会社とも改善が進み、5分野の平均点が上がりました。第8次環境計画最終年度の2017年度目標は、当社全製造拠点は100点、国内関係会社は平均90点、海外関係会社は平均80点を達成することですが、国内関係会社、海外関係会社は2017年度の目標をすでに達成しています。


チェックシートの取組評価項目例
  • 環境取組レベルの見える化(イメージ)
環境取組レベルの見える化(イメージ)
  • 5分野の平均点推移
5分野の平均点推移
  • 2016年度の成績 当社
2016年度の成績 当社

  • 2016年度の成績 国内関係会社
2016年度の成績 国内関係会社
  • 2016年度の成績 海外関係会社
2016年度の成績 海外関係会社

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報