環境計画の変遷

印刷用ページへ

環境計画の変遷(第1次~第8次)

三菱電機グループでは、1993年度からほぼ3年ごとに「環境計画」を策定し、第1次から第5次環境計画まではそれぞれの達成状況に基づき段階的に環境活動のレベルアップを図ってきました。

第6次環境計画(2009~2011年度)からは、2007年10月に「環境ビジョン2021」を策定したことに伴い環境計画の策定手法を転換し、同ビジョンの実現に向けて達成すべき事項を当該計画期間での活動目標として設定する方式(バックキャスティング)で計画を策定しています。現在は第8次環境計画(2015~2017年度)を推進しています。

これまでの環境計画と注力ポイント
これまでの環境計画と注力ポイント

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報