調達での環境配慮

印刷用ページへ

「グリーン認定」制度を導入して、環境リスクの低減と生物多様性に配慮

グリーン調達基準書(日本語版)
グリーン調達基準書(日本語版)

当社は、2006年4月に「グリーン調達基準書」(2000年9月策定)に基づいた「グリーン認定」制度を導入し、お取引先様の環境マネジメントシステム認証取得状況や法令遵守状況、納入品に含有する化学物質の管理状況を評価して当社基準に達したお取引先様を認定していくことにより、環境リスクを低減させています。化学物質の管理状況は、規制の変更なども織り込み評価を実施しています。

また、2010年度には、生物多様性保全に配慮するため、「グリーン認定」の評価項目に「生物多様性保全への対応」も加え、お取引先様の生物多様性保全への取組も確認できるようにしました。

当社生産活動に欠かせない生産材料等の国内外お取引先様のグリーン認定率は100%を維持しており、今後も100%維持を目指していきます。

【基本方針とマネジメント】生物多様性行動指針
【資材調達】グリーン調達

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報