伊丹地区の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
自然との共生を目指す活動を各製作所で推進
伊丹地区

伊丹地区と周辺の自然

伊丹地区がある塚口は、兵庫県尼崎市の北部に位置しており、昭和初期から宅地開発が進み住宅が多く、商業施設も多く立地しています。都会でありながら、東側には猪名川自然林や西武庫公園などの緑や農地、社寺林などの緑が市街地内に残されています。西側の武庫川周辺にはホタルが生息するなど貴重な自然環境が残されています。

伊丹地区のプロフィール
伊丹地区では、5つの拠点の担当者が連携
伊丹地区では、5つの拠点の担当者が連携

伊丹地区では、ここ数年、敷地内で大規模な工事が続いています。環境面で大きな転換期を迎えていることから、生きもの調査では、「工事前後で生物や植物がどう変わるのか」というテーマを設けました。工事完了後のデータと今回の調査データを比較すると、興味深い発見があると思います。

実は、こうしたテーマをもつ前は、敷地内に緑が少ないため、「生きもの調査をして意味があるのか」という意見もでていたのですが、実際に春の調査をしてみると多くの種類を確認でき、希少な種も見つかりました。四季を通じた調査で身近なところにある多様性をもっと実感したいと考えています。


「水辺」と「鎮守の森」の多様性

調査 生きものリスト
調査 フォトギャラリー

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報