静岡製作所の生きもの調査レポート

印刷用ページへ
自然との共生を目指す活動を各製作所で推進
静岡製作所

静岡製作所と周辺の自然

静岡製作所が生産を開始した1954年当時、周囲には耕作地や更地が広がっていました。その後、次第に開発が進み、現在では製作所の半径1km以内はほとんどが工場や宅地となり、緑の多い土地は少なくなっています。製作所から離れると緑地が増え、2km以上離れた「有度山」「谷津山」「八幡山」を中心としたエリアには豊かな緑が残されています。

静岡製作所のプロフィール

製造管理部
環境工務課
専任

周囲は市街地で古くからある工場のため、決して広くはない構内緑地で、どうすれば生物多様性に寄与する活動ができるだろうかと考えていたとき、社内の勉強会へ参加し、また、地元静岡市の環境アセスメントセンター様に調査やアドバイスをいただいて、“よりみち緑地”という方向性を見出すことができました。

まだごく一部の緑地に着手したばかりで植栽の育成は手探りの面がありますが、製作所一丸となって、生産活動と生物多様性保全活動を両立できる、機能的な緑地の実現へ向けて整備を進めていきたいと考えています。

製造管理部 環境工務課 専任 岩田 修一

生きものが来たくなる“よりみち”緑地育成中!

調査 生きものリスト
調査 フォトギャラリー
対話 緑をめぐる対話
行動 考察と行動

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報