1990年代

印刷用ページへ

1990年(平成2年)

  • 英国コンピューター会社「アプリコット社」のハードウェア事業部門を買収
  • ファジー理論を採用した家電製品など続々発売
  • ファジー適応制御搭載の形彫放電加工機発売
  • 生活シーン演出照明器具「シーン」発売

1991年(平成3年)

  • IBM社、ヒューレット・パッカード社との提携など、コンピューター事業基盤を強化
  • 米国三菱電機財団を設立
  • 研究所を北米に開設
  • タイ国三菱電機財団を設立
  • 64M DRAMの試作成功
  • CAD用高精細昇華形フルカラープリンターの開発と実用化

1992年(平成4年)

  • 人工網膜チップの開発に成功
  • ソシオルーツ基金を設立

1993年(平成5年)

  • 横浜ランドマークタワー納入の世界最高速乗用エレベーター(750m/分)稼働
  • 重粒子線ガン治療装置〈HIMAC〉を、放射線医学総合研究所に納入
  • 96年特定フロン規制対応のチルド冷蔵庫を発売

1994年(平成6年)

画像:関西新空港にドップラーレーダーや、旅客案内情報システムなど、空港関連機器を多数納入
  • 2010年度に視点を置いた新規事業開発プロジェクト「ビジョン21」を策定
  • X線転写による超微細パターン形成技術を開発
  • 関西新空港にドップラーレーダーや、旅客案内情報システムなど、空港関連機器を多数納入
  • 業界一の省エネを実現した家庭用エアコン「霧ヶ峰」を発売
  • アメリカ環境保護庁より「1994年度オゾン層保護賞」が授与される

1995年(平成7年)

  • 研究所を欧州に開設
  • 国際化に対応するため海外事業本部と国内事業本部を統合

1996年(平成8年)

  • 人工網膜チップを応用したジェスチャー入力形インタラクティブゲームを開発

1997年(平成9年)

  • ベッドサイドウエルネスシステム開発
  • 地球環境保護に優れた貢献を評価され、米国環境保護庁より「Best-of-the-Best賞」を受賞

1998年(平成10年)

  • 統括事業本部制を導入
  • 松下電器産業(株)、松下電子工業(株)と次世代システムLSI共同開発で合意

1999年(平成11年)

  • 家電業界初のリサイクルプラント「東浜リサイクルセンター」完成、稼働開始

このページを共有

三菱電機について
カテゴリ内情報