アメリカアメリカ

印刷用ページへ

桜の植樹活動(アメリカ)

電力、社会インフラ製品の製造・販売拠点であるMitsubishi Electric Power Products, Inc.の従業員ボランティアは、毎年4月にNPO法人「ピッツバーグさくらプロジェクト」とピッツバーグ日本協会と協力しながら、ピッツバークのノースパークで桜の植樹を行っています。

米国三菱電機財団との活動

米国三菱電機各社の社員ボランティアは、「Changes for the Better」の精神で、米国三菱電機財団と共に様々なイベントを行っています。1991年以来、社員ボランティアの活動時間は約45,000時間となっています(2012年時点)。

「米国三菱電機財団」の活動を見る


よりよい未来をつくるために(コロンビア)

Mitsubishi Electric de Colombia Ltda.は、高齢者支援や、経済的に恵まれないこどもたちに対する教育支援を行う施設や団体へ寄付しています。1989年の工場設立当初から、そのようなこどもたちが通う近隣の学校へ寄付を行っているほか、地元のサッカーチームのスポンサーにもなっています。

2011年からは、ABC PRODEIN財団の経済的に恵まれないこどもたち10名を対象に、食事や教育を支援するための寄付を行っています。

こどもたちを支援することで、将来的には社会も変えることができると信じ、活動を続けています。

植樹活動(メキシコ)

メキシコの当社拠点各社の従業員は、地球温暖化対策としてメキシコ市郊外で毎年、植樹活動を行っています。2012年8月には、合計120名の従業員とその家族が活動に参加しました。

これからも、この活動を継続していきます。


このページを共有

CSRの取組
カテゴリ内情報