重電システム

印刷用ページへ

蓄電池性能オンライン診断技術

蓄電システムを停止せずに、
蓄電池の「今」の性能を可視化できます。

概要

蓄電池を使用中に性能をリアルタイムに診断できる「蓄電池性能オンライン診断技術」を開発しました。蓄電池の性能(蓄電容量、内部抵抗)の劣化度をリアルタイムに診断し、蓄電池の残量を誤差1%以下で推定できるため、蓄電システムの稼働率向上と用途拡大に貢献します。

解説ムービーを見る

蓄電池性能オンライン診断技術の概要を動画でわかりやすく解説します。


技術ポイント

蓄電池を使用しながら性能の劣化度をリアルタイムに推定

従来は蓄電容量を測定するために蓄電システムを長時間停止していました。今回開発した技術では、蓄電システムを使用中に計測した蓄電池の電流と電圧を当社独自のアルゴリズムで処理。蓄電池の性能(蓄電容量、内部抵抗)の劣化度をリアルタイムに推定できます。蓄電システムの設備停止が不要となるため、システムの稼働率向上に貢献します。

蓄電池の残量を誤差1%以下で高精度に推定

蓄電池性能をリアルタイムに診断し、蓄電池の残量を誤差1%以下で推定できます。電流を積算して残量を算出する手法と電圧および電池特性から残量を算出する手法の二つを統合し、測定電流と蓄電池性能の誤差を同時に推定・補正するアルゴリズムを開発。蓄電池の残量が高精度に分かるため、蓄電システム全体の効率的な制御が可能となります。

発電プラントなど、さまざまな分野での適用を検討中

今後は太陽光・風力発電等の大規模発電プラントや自動車・鉄道車両向け蓄電システムへの搭載を目指し、開発を推進します。



このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報