三菱エレベーター・エスカレーター 世界昇降紀行

Go to English site

ラスベガスの高級モール「ザ・フォーラムショップス」にも
三菱電機のエスカレーター。

アメリカ合衆国西部の都市、ネバダ州ラスベガス。カジノを目当てに世界中から観光客が訪れる、“眠らない街”の異名を持つこの地に、そのエスカレーターはあります。カジノホテルとして有名な「シーザーズパレスホテル」に併設されたショッピングモール、「ザ・フォーラムショップス」。

古代ローマ、ギリシャの建築空間をイメージしてデザインされたアトリウム(中庭)でひときわ存在感を放つのが、円弧の軌跡を描く、「三菱スパイラルエスカレーター」です。カーブするエスカレーターは世界中で模索されてきましたが、三菱電機が世界で初めて実用化に成功。以来、三菱電機は全世界で100台近い納入実績を持っています。中でもこのエスカレーターが珍しい点は、2台のエスカレーターを2フロア連続して設置することで、吹き抜け内に大きな螺旋(らせん)構造を実現したこと。さらに、エスカレーターを支える梁(はり)を目立たないように配置することで、まるで宙に浮いているかのような外観を生み出しました。

もちろん保守の面でも、高品質なメンテナンスサービスで、眠らない街で24時間稼働し続けるエスカレーターをしっかりサポート。

人を運ぶという基本性能に加え、建物のインテリアとしても機能する「三菱スパイラルエスカレーター」。これからもきっと、訪れる人の目を楽しませ続けてくれるはずです。

1985年3月、当社調べ。

世界昇降紀行トップに戻る

close vol.7 vol.6 vol.5 vol.4 vol.3 vol.2 vol.1 close vol.7 vol.6 vol.5 vol.4 vol.3 vol.2 vol.1
close close

三菱エレベーター・エスカレーター

三菱電機ビルシステム事業スローガン 「Quality in Motion」


スタッフBlog