ここから本文

AREA HIGHLIGHTS

AREA HIGHLIGHTS

北海道支社 × 札幌ドーム

VOL01

札幌ドームに設置!
三菱電機のオーロラビジョン

INTRODUCTION

札幌の「観る」が変わる。

北海道日本ハムファイターズとコンサドーレ札幌の本拠地である札幌ドーム。このスタジアムの外野レフト・ライト側に三菱電機のオーロラビジョン(大型映像表示装置)を二面、サブスコアボードを一面設置することになりました。この三面に設置されたオーロラビジョンは、プロ野球12球団本拠地球場では最高解像度※を誇っています。今回のAREA HIGHLIGHTSでは、オーロラビジョンの設置工事から完成までの様子を、写真と映像でたっぷりご紹介します。

※2015年3月2日、当社調べ

REPORTER

わたしが
ご紹介します!

及川 圭司(おいかわ けいじ)

三菱電機株式会社 北海道支社
社会システム部 社会システム第一課
担当課長

HIGHLIGHT AREA

北海道支社について

北海道を中心に社会インフラ・交通をはじめ、電力・エネルギー、情報通信・セキュリティー、産業用機器など幅広い分野で、製品・システムを提供。三菱電機の技術で、いかに地域に役に立てるかを考え、北海道を元気にしていきたいと考えています。詳しくは地域ビジネス活動サイトをご覧ください!

生まれも育ちも北海道。

ずっと北海道で育ってきたからこそ、この地域の皆様を支えていけるような製品を売りこんでいきたいと思っています。普段は営業担当として社会インフラ系を中心に様々な製品を扱っていますが、大型映像表示装置に関わる業務を担当するのは今回が初めて。

皆様に注目していただける製品の納入を担当することができて、非常に光栄です!

宮本 一敏(みやもと かずとし)
三菱電機株式会社 北海道支社 支社長

北海道支社 地域ビジネス活動

札幌ドームとは

北海道札幌市豊平区に位置する札幌ドームは、野球とサッカー2つのプロチームの本拠地となっているスタジアムです。三菱電機はこれまで札幌ドームに特別高圧受変電設備※の面で製品の提供とサポートを行ってきました。昔サッカー少年だったこともあり、スポーツ観戦で毎年何度か家族と訪れている札幌ドーム。今後訪れるときは、ついオーロラビジョンばかり観てしまいそうです。

※高圧受変電設備 : 電力会社から供給された高い電圧を、照明などで使用できるような低い電圧に変換し、負荷設備に配電するための設備

札幌ドーム ウェブサイト

AURORA VISION

三菱電機の
オーロラビジョン

まるで実物を見ているか
のような高解像度

フルハイビジョンに対応した今回のオーロラビジョンは従来のものと比べて、画面の総面積約2.9倍、解像度が5倍という高画質を実現しています。三菱電機のオーロラビジョンは東京ドームや楽天koboスタジアム宮城などをはじめ、多くのスタジアムでも採用されていますが、今回札幌ドームに納入されたオーロラビジョンはプロ野球12球団本拠地球場中でも最高解像度を誇っているんです!

三菱電機で開発した
黒色パッケージLEDによる鮮やかな表現

今回札幌ドームに納入したオーロラビジョンはLED外形を黒色にする事で、外光の反射を防止し、光が点滅した時のコントラストを高めることで、従来と同じ明るさでも黒色を濃く鮮やかな映像表現を可能にしました。札幌ドームのようなスタジアムの他、駅や空港、屋内・屋外を問わずあらゆる場面で鮮明な画像を提供します。

オーロラビジョン 製品ページ

MORE | オーロラビジョン

オーロラビジョン等の大型映像表示装置について、
さらに詳しく知りたい方はコチラ。製作作業の舞台裏を
わかりやすい映像でご覧いただけます。

PROCESS

納入決定までの経緯

伝え続けた
品質と実績

10年にわたったプロジェクト

札幌ドームの大型映像表示装置を更新するという話が出てきたのは10年ほど前から。既存で取り付けられている大型映像表示装置の対応寿命を考慮した上で、札幌ドームにプレゼンを開始しました。

世界に採用されてきた高画質

三菱電機のオーロラビジョンは、国内のプロ野球場のみならず大リーグなど世界で広く採用されてきた実績をもっています。これはオーロラビジョンの高画質と先進技術が認められた裏付けでもあり、三菱電機が過去につくってきた実績とノウハウは商談の一つの大きなポイント。
そして2014年2月、札幌ドームの「大型映像設備」企画提案競技においてオーロラビジョンの魅力を札幌ドームに伝えたことで、今回の納入が決まりました。

設置と同様に大切なメンテナンス

オーロラビジョンは多くのお客様の目につくもの。万が一の不具合がないようにというのは勿論、なるべくそれを運用される方々の声を聞き、使いやすい・運用しやすいようにと対応を続け、設置後も長期的な保証やメンテナンスの対応を行っています。

VOL01 END

AREA HIGHLIGHTSトップページへ