ここから本文

このサイトについて

技術で変える

技術で変える トップページ

大型映像装置オーロラビジョン たとえば、サッカーフィールドもすっぽりの横幅107.52mドバイメイダン競馬場のオーロラビジョンが、屋外映像の未来を変える。

1 世界最大の競馬場に設置

長さ107.52m、高さ10.88m、面積約1,169.8m2の巨大オーロラビジョンは、アラブ首長国連邦ドバイの中心地にある「メイダン競馬場」に設置しています。メイダン競馬場は、スタンド全長1.6km、観客6万人を収容する世界最大の競馬場。
数万人の観客が目にするメインスクリーンとして、世界中から観客が集まるビッグレースを盛り上げています。

2 1,200万個のLEDを完全コントロール

非常止め

巨大スクリーンを構成しているのは、1,200万個の高輝度LED。その一つひとつの明るさをコントロールすることに加え、複数のソースから送られてくる映像を誤差なく完全に同期させることで、なめらかで美しい一枚絵のハイビジョン映像を巨大オーロラビジョンに映し出すことができました。

3 最大4画面のフレキシブルマルチ画面

最大4つの画面を同時に表示できます。
画面いっぱい一枚絵の大迫力映像をはじめ、目的に合わせて画面を分割して自由に表示できます。
巨大スクリーンの任意の場所に、任意のサイズで表示できるマルチ画面対応です。

4 Multi Screens

4 三菱電機の巨大オーロラビジョン

アトランタブレーブスのホーム球場、ターナーフィールド

三菱電機のオーロラビジョンは、東京ドームや、甲子園、東京競馬場をはじめ、香港の「シャティン競馬場」、MLBアトランタブレーブスの「ターナーフィールド」、NFLダラス・カウボーイズの新スタジアムなど、世界各国に950件以上の納入実績があります。その功績を評価され、米国テレビ芸術科学アカデミー主催の「第63回技術・工学エミー賞」を受賞しました。 これからも、今まで積み重ねてきた技術にさらに磨きをかけて、多くの感動や興奮をお届けし、映像エンターテインメントの未来を切り拓いていきます。

※「技術・工学エミー賞」とは、テレビ放送の基盤を策定したり、家庭の視聴者のためにテレビの可能性を広げることに貢献し続ける技術を持つ企業に与えられます。