アーチェリー リカーブ

上山 友裕 UEYAMA TOMOHIRO

生年月日
1987/8/28
血液型
O型
身長
180cm
体重
64kg
出身地
大阪府
出身校
同志社大学

主な戦績

2016/10
第45回全国身体障害者アーチェリー選手権大会 優勝
2016/09
リオ2016パラリンピック競技大会
男子リカーブ・個人 7位入賞
2016/06
リオ2016パラリンピック世界最終選考会
リカーブ・パラ個人部門3位
2015/11
第44回全国身体障害者アーチェリー選手権大会 優勝
2015/08
日本身体障害者アーチェリー連盟杯 銀メダル獲得
2015/04
2015AAEアリゾナカップ 金メダル獲得

トピックス

リオデジャネイロ2016パラリンピック競技大会結果!

アーチェリー リカーブ
準々決勝進出
7位入賞

上山選手コメント

リオ2016パラリンピックでは7位入賞できましたが、改めて世界との壁も感じさせられました。ここを越えるためには今まで以上にメンタルを強化しなければなりません。
今大会で新たな課題と世界で通用する事がわかり、より一層、東京2020パラリンピックに対する想いが強くなりました! 皆さん、ご声援ありがとうございました。
今後も応援よろしくお願いいたします。

今後の試合(予定)

2017/5/20~21
第50回全日本社会人ターゲットアーチェリー選手権大会
(広島県・北広島町 千代田運動公園)
三菱電機は、JPCオフィシャルパートナー(エレベーター、エスカレーター、 ムービングウォーク)です。

大坂昂選手 インタビュー

スポーツを始めようと思ったきっかけは?

大学に入学し、何か充実したことを始めたくなり、
偶然体験入部に参加したアーチェリー部に美人な先輩がいたため(笑)

これまで一番辛かったことは?
どんな方法で乗り越えましたか?

初めて日本代表から外れた事。
まだ結果として乗り越えてはいませんが、私が漏れた世界選手権で日本代表がパラリンピックの枠を獲れず、その先のリオデジャネイロ2016パラリンピックに出場する可能性が残された事で気持ちを切り替える事が出来ました。

これまで一番うれしかったことは何ですか?

中学受験の合格祝いでフロリダのディズニーワールドに家族で行った事。
ずっと行きたかった場所が今ではもう一度行きたい場所になっているので、東京2020パラリンピックが終わればまた行きたいと思っています。

いつも一番大切にしていることは?

試合の応援に来てくださった人たちが楽しめるような試合をすること。
あまり人気が無いパラアーチェリーというスポーツを楽しいと思ってもらえるようにするのが、
成績を残す事と同じように私にとっては大切なことだと思っています。

あなたにとっての「スポーツ」とは?

尽きる事のない目標。
目標はいくつかあり、その中の1つをクリアしてもまたすぐに次の目標が見つかります。
目標が無くなった時が引退の時だと思っています。

応援してくれる方、はじめて見ていただく方へ

パラアーチェリー日本代表の上山です。
みなさんに応援していただけるように成績を残していきます。パラの国内大会では出場した全試合で3位以内をデビューから継続している唯一の選手です。近くで試合が行われる際はぜひ応援に来てください。
70m先の的を確認しないといけないので双眼鏡は必須です。
また、興味がありましたら一度体験してみてください。約1年で男女問わず試合に参加できる選手になりますので運動不足で何かスポーツを始めてみたいと思われている方はぜひアーチェリーを体験してください。