わたしもユーザーです。

わたしも三菱電機のユーザーです

(お母さん、わたしもう一回エスカレーターに乗る!)

三菱電機 × 昇降機事業"

【上海・スパイラルエスカレーター】

USER'S STORY Vol.06

お父さんの"ぐるぐる"

私は今、お母さんといっしょに
上海の目抜き通りにできた新しいデパートに来ています。
このデパートに勤めるお父さんから、
とても面白いエスカレーターがあると聞いたからです。
普通のエスカレーターと違って、ぐるぐるまわりながら昇っていくので、
お父さんは“ぐるぐるエスカレーター”って呼んでいます。
いったいどんなエスカレーターなのか、想像するだけでワクワクして、
昨日の夜はなかなか眠れませんでした。

デパートに入ると、大きな吹抜けにそのエスカレーターはありました。
お父さんが「らせん階段みたいできれいだぞ」と言っていたとおり、
ホントに素敵。金色のリボンが空から舞い降りたみたいです。
どうやらお母さんは、エスカレーターより
新しいブランドショップに興味があるようだけど。

お母さんといっしょに、さっそく乗ってみました。
すご~い! いつものエスカレーターとは全然違います。
まるで遊園地のメリーゴーラウンドのよう。
ゆっくり昇っていきながら、目の前の景色が次々と変わっていきます。
でも、こんな風にらせん状にエスカレーターを動かすのは
とても難しいんだってお父さんは言っていました。
このエスカレーターをつくることが出来るのは
日本の三菱電機という会社だけで、
本当は“スパイラルエスカレーター”という名前なんだって。

「ねえねえ見て、あのブランド。いいわねえ」
エスカレーターに乗りながらお母さんはいろいろなお店に目をつけて、
次々とショッピングを楽しんでいます。
確かにスパイラルエスカレーターに乗っていると
目移りしちゃうもんねえ。でも、ちょっと買い過ぎじゃないかなあ。
お母さんの両手はショッピングバッグでいっぱいです。

夢のなかで空中を散歩してるようなエスカレーターの旅も、もうおしまい。
売り場の最上階が近づいてきました。
楽しかったなあ、もう少し乗っていたかったなあと思って見上げると、
エスカレーターの降り口にお父さんが立っていました。
お父さんの姿がグングン近づいてきます。

「よく来たね」と言って両手を伸ばしたお父さんは、
私を抱き上げると、ぐるぐる回してくれました。
スパイラルエスカレーターの続きみたいです。
お父さんの“ぐるぐる”も
エスカレーターの“ぐるぐる”も、だ~い好き!
私をそっと床に降ろしたお父さんは、お母さんの方を見ました。
お母さんは山のようなショッピングバッグを抱えて微笑んでいます。
今度はお父さんの目が、ぐるぐる回っていました。