もっと!やじうま好奇心

大人工場見学

高速の風で水滴を飛ばす“ジェットタオル” 中津川取材レポート

実は省エネ!環境にもやさしく、
衛生面でもオススメ!

オフィスビルはもちろん、学校、食品工場などさまざまな施設に設置されているハンドドライヤー「ジェットタオル」。
そもそもなぜ、いつこの商品ができたのか。どんなところで作ってるのか。
好奇心旺盛の高嶋さんがスタジオを飛び出した先は、岐阜県は中津川に建つ、三菱電機の中津川製作所。充実のショールームとジェットタオルの製造現場を取材いただき放送されました。

やじうまポイント!やじうまポイント!

POINT
中津川製作所は1943年創業以来、扇風機や換気扇などを製造。広く「風の中津川」と呼ばれるほど風に関する製品に強い。ジェットタオルは1993年に世界で初めて登場!
POINT
ジェットタオルなら1日300回使ったとしても電気代わずか数円程度。ペーパータオルのようなペーパー補充や、使用後のペーパータオル処理の手間・コストも不要!
POINT
工場全体で環境配慮。ショールームは「テーマパークのようだ!」。
  • 製品紹介はこちら