もっと!やじうま好奇心

大人工場見学

“がん治療”最前線 神戸取材レポート

ピンポイントで
集中的にダメージをあたえる治療法

今回は日本人の国民病とも言われる「がん」の最先端治療法で注目されている「粒子線治療」。その治療装置を作っているのが神戸にある三菱電機の電力システム製作所。高嶋さんに取材も興味津々でした。

やじうまポイント!やじうまポイント!

POINT
簡単に言うと放射線治療の1つ。1秒間に地球を5周するほどの速さの粒子線を照射することで、メスを使わずにがん細胞のDNAを破壊。他の臓器を傷めにくく、副作用や患者さんの体に負担が少ない。
POINT
なぜ神戸?神戸の電力システム製作所において長年発電機の製作技術で培ってきたコイルの技術と、伊丹の工場で培ったX線放射線治療装置技術がこの神戸の工場で融合し誕生!

取材レポートは
“週刊ポスト”に掲載!

2014年3月28日号

  • 製品紹介はこちら