ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2016年12月7日
ビルNo.1613

工事期間中でもエレベーターが利用できる「ハイブリッド制御盤」を採用

三菱エレベーターリニューアル「Elemotion+[ZERO]」発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社と三菱電機ビルテクノサービス株式会社は、リニューアル工事期間中でも工事のない時間帯はエレベーターが利用できる「ハイブリッド制御盤」※1を採用したエレベーターリニューアル向け新商品「Elemotion+[ZERO](エレモーション・プラス[ゼロ])」を12月19日に発売します。本商品は、「エコプロ2016」(12月8日〜10日、於:東京ビッグサイト)に出展します。

  • ※1:2016年10月17日広報発表
三菱エレベーターリニューアル「Elemotion+[ZERO]」

三菱エレベーターリニューアル「Elemotion+[ZERO]」

新商品の特長

  1. 「ハイブリッド制御盤」の採用により、工事期間中でもエレベーターが利用可能
    • 業界初※2、新旧双方の巻上機や操作盤を制御できる「ハイブリッド制御盤」を採用
    • 新旧の機器が混在する工事期間中でも、作業をしていない時間帯はエレベーターが利用でき、従来、約1週間必要であった連続休止期間のゼロ日化を実現
    • ※2:2016年12月7日現在(当社調べ)
  2. ドアセンサーやバリアフリー仕様のかご室により、安全性と使いやすさを向上
    • ドアの開閉動作をLED表示灯で知らせる「ドアシグナル」と、赤外線センサーにより乗降時の挟まれを防止する「マルチビームドアセンサ」を標準装備
    • かご操作盤の表示部に見やすく分かりやすいカラー液晶表示を採用
    • ボタンが押された階ではドアがゆっくり閉まるかご内の「ゆっくりかご操作盤」と乗場の「ゆっくり乗場ボタン」をお年寄りやお子様にも押しやすい低い位置に設置
  3. 最新機器の採用により、約10%の省エネを実現
    • 巻上機や制御盤など最新機器へのリニューアルにより、消費電力を約10%削減※3
    • かご天井にLED照明を標準採用し、従来の円形蛍光灯と比較して消費電力を約50%削減
    • ※3:三菱エレベーター「GRANDEE」との比較(定員9名・分速60m・8カ所停止)

発売の概要

商品名 リニューアル対象製品 販売価格 発売日
Elemotion+[ZERO]
(エレモーション・プラス[ゼロ])
三菱エレベーター
「GRANDEE(グランディ)」
1,200万円
から※4
12月19日
  • ※4:定員9名・分速60m・8カ所停止の場合の参考価格(建築工事、付帯費用他を除く)
お問い合わせ先
三菱電機ビルテクノサービス株式会社 昇降機保守事業本部 業務部

TEL: (03)3802-9532

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。