三菱電機株式会社 企業機密管理宣言

当社は事業活動の根幹をなす情報資産に関して社外に開示すべき情報については適時適切に開示する一方、企業機密については適正な管理を徹底します。
皆さまからお預かりした貴重な情報や企業機密が万一漏洩すれば、当社にお寄せいただいた信用・信頼を失墜するのみならず、その不正な使用により、国家・社会・個人の安全が脅かされかねません。
企業機密の適正な管理は当社が完遂すべき社会的責任の1つであると認識し、当社の全従業員が以下の企業機密管理方針を遵守することを宣言します。

1.法令・規則遵守による企業機密の適正な管理

当社は、事業活動に関連するすべての企業機密を、法令及び当社規則に従い適正に管理します。
企業機密とは、当社が保有する技術上又は営業上の有用な情報及び漏洩・不正使用により当社又はステークホルダーの皆さまに不利益を及ぼすおそれのある情報(個人情報、社外から得た情報、インサイダー情報等を含む。)を指し、企業機密を具現している物理的対象物も管理の対象とします。

2.安全管理措置の徹底

当社は、企業機密の保護・管理のため、適切な安全管理措置を講じます。
安全管理措置とは、組織的・人的・技術的・物理的諸対策を指し、企業機密のレベルに応じた措置を徹底します。

3.情報システムセキュリティー対策の強化

当社は、企業機密に対する不正アクセス・侵害、不正使用の防止等の観点から、情報システムセキュリティー対策を強化し、ITを活用した総合的な対策を実施します。

4.全従業員に対する教育の実施

当社は、企業機密に携わる個々の従業員の意識向上こそが管理の基本であるとの認識に基づき、企業機密管理の重要性と企業機密管理に向けた当社の取組につき、全従業員を対象とする教育を定期的に実施します。

5.PDCAサイクルによる継続的な管理向上

当社は、企業機密管理に関するマネージメントシステムを構築し、PDCA(Plan・Do・Check・Action)のサイクルによる主体的かつ継続的な管理向上を図ります。

6.適時適切な情報開示の実施

上記1.~5.により、企業機密については適正な管理を徹底するとともに、社外に開示すべき情報については適時適切に開示します。

制定日 

改正日 

三菱電機株式会社

執行役社長 柵山 正樹

ページトップへ戻る