ここから本文

  • 三菱電機のセキュリティー
  • テキスト版ページへ

車両ゲートから、建屋、そして製造エリア内までセキュリティーシステム導入。安心とともに、管理・運用の効率化を実現。 Total Security Solution

デリシャス・クック株式会社様

[導入システム]
入退室管理(MELSAFETY、MELOOK DGⅡ)

概要

工場新設に伴い、人の出入り管理と映像記録と連携したセキュリティーシステムを導入。敷地出入りの車両ゲート、建屋・製造エリア出入口での指透過認証、全扉監視カメラや、製造エリア内のハンズフリーなどを導入いただきました。

インタビュー動画

デリシャス・クック株式会社 執行役員 生産本部長 兼 購買部長 若林 裕 様に、「これまでの問題点」「導入の決め手」「導入後の状況」についてお伺いしました。

動画を再生する

事例のポイント

ゲート設置

敷地出入口には、セキュリティーゲートと車両ゲートを設置。出入りする全ての人と車両の入退場管理を行っています。

入退室管理

工場の中へは、個人ID番号と指透過認証(生体認証)で入室。ダブルの厳重チェックで、なりすまし入室を許しません。

●指透過認証 5台(工場入口、製造エリア入口)

ハンズフリー

製造エリア内の各部屋への入退室は全てハンズフリーで運用。カード認証の煩わしさを解消するとともに、カードの落下などによる異物混入のリスクも軽減します。

●ハンズフリー入退室管理アンテナ 82台(製造エリア内)

カメラ設置

敷地内に設置した安心安全を見守るカメラの数は全90台。工場内の全ての入退室は映像記録され、また、事務室の大型モニターに、リアルタイム表示されています。

●入退室管理+監視カメラ 90台(全扉出入り)、カードリーダー 30台(事務所エリア)

お問い合わせ
セキュリティーに関する ご相談、お問い合わせは こちら
お問い合わせ(新しいウインドウが開きます)
メールマガジンのご案内
セキュリティーに関する新製品やイベント情報を提供いたします。

▲ ページトップに戻る