消費生活用製品安全法に基づく事故報告について

テキスト版 のページへ
本ページは、「消費生活用製品安全法」に基づき、弊社製品に係る事故報告(速報)の情報を公表するものです。掲載されている情報は、速報段階のものであり、今後の追加情報、事故調査進展等により変更があります。
重大製品事故とは消費生活用製品安全法に規定された下記の事故です。
1. 死亡事故
2. 重傷病事故(治療に要する期間が30日以上の負傷・疾病)または後遺障害事故
3. 一酸化炭素中毒
4. 火災(消防が確認したもの)
14ページ中7ページ目を表示
戻る … | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | … 次へ
事故発生日 製品名
【機種・型式】
製品事故に関する情報
2012年12月2日照明器具
【FCK60A】
(製造事業者 三菱電機照明株式会社)
発生場所 福岡県
事故概要 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。
調査の結果、長期間(約28年)使用により、蛍光ランプ用の雑音防止用コンデンサーが絶縁劣化し、出火に至ったものと推定される。
関連情報 ---
2012年10月20日食器乾燥機
【TK-ST6S】
(製造事業者 三菱電機ホーム機器株式会社)
発生場所 石川県
事故概要 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。調査の結果、
○当該製品は、前面及び右側面の焼損が著しかった。
○前面側内部配線の断線箇所に溶融痕が認められたが、一次痕、二次痕の特定はできなかった。
○焼損した前面側に設置された、タイマースイッチユニット及びユニットに接続される内部電線が未回収で確認できなかった。
○ヒーターや送風ファン用ACモーター等の電気部品から出火した痕跡は認められなかった。
●当該製品は焼損が著しく、確認できない部品があることから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2012年10月4日エアコン
【MS-35SC】
発生場所 東京都
事故概要 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。調査の結果、
○当該製品は著しく焼損しており、樹脂部は全て焼失していた。
○ファンモータ用コンデンサーの内部に溶融痕が認められたが、溶融痕には大きな気泡があり、一次痕か二次痕かの特定はできなかった。
○ファンモーターのリード線にも多数の溶融痕が認められたが二次痕であった。
○温度調節器の接点部、風量制御スイッチ、周波数切替スイッチは未回収で確認できなかった。
●当該製品の運転コンデンサー内部に溶融痕が認められたが、溶融痕には大きな気泡があり一次痕か二次痕かの特定ができず、未回収で確認できない部品もあることから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 使用期間:32年
2012年8月9日電気温水器
【SRE-3742】
発生場所 大阪府
事故概要 火災報知機が鳴動したため確認すると、当該製品付近から大量の蒸気が発生していた。止水栓を閉じたところ、しばらくして当該製品から発煙する火災が発生した。調査の結果、長期使用により当該製品のヒーター用リレーの接点が、微溶着して連続通電となり、逆止弁が取り付けられていなかったため、湯が逆流して給水配管から湯と蒸気が放出し、当該製品のタンク内の水位が低下した。その後、給水配管の止水栓を閉めたが電源を切らなかったため、タンクが空だき状態になったことで、タンク表面温度が上昇し、タンク保温材保護用の樹脂製ラミネートシートの溶融、焼損及びサーミスタ等の焼損に至ったものと考えられる。なお、据付工事説明書には、「給水側へのお湯の逆流を防ぐため逆止弁を必ず取り付ける」旨、記載されていた。
関連情報 ---
2012年6月16日電気こんろ
【CR-1201A】
発生場所 東京都
事故概要 事務所で当該製品の周辺に置かれていた可燃物(書類等)を焼損する火災が発生した。事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、当該製品の周辺に置かれていた可燃物(書類等)に引火したものと考えられる。
関連情報 ---
2012年4月10日電気こんろ
【CR-1201A】
発生場所 大阪府
事故概要 事業所内で火災報知機が鳴動したため確認すると、当該製品の上に置かれていた可燃物(プラスチック製かご)を焼損する火災が発生していた。
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれていた可燃物(プラスチック製かご)に引火したものと考えられる。
関連情報 平成19年7月3日から事業者が共同してリコールを実施
2012年3月17日電気式浴室換気乾燥暖房機
【UH-2A】
(株式会社INAXブランド)
発生場所 静岡県
事故概要 当該製品の衣類乾燥スイッチを入れたところ、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生
した。事故原因は、調査の結果、施工業者が行った当該製品の電源電線と屋内配線の接続工事が適切でなかったため、電源電線と屋内配線の接続部において接触不良による異常発熱が生じ、出火に至ったものと考えられる。
関連情報 平成18年6月30日から無償点検を実施
2012年2月7日エアコン
【MSH-4025D】
発生場所 埼玉県
事故概要 建物を全焼する火災が発生し、現場に当該製品があった。調査の結果、
○回収調査ができた電装部品はファンモーターのみで、全焼のためその他電装部品は回収できなかった。
○当該製品の電源コードでは設置位置から壁コンセントまで長さが362mmほど不足しているため届かないが、当該製品のコンセントへの接続方法は、電源コードが焼失しているため不明であった。
○回収されたファンモーターはロックしていたが、ベアリングに傷などの異常はなく、また、コイル表面に変色や短絡などの発火した痕跡は認められなかった。
○ファンモーターのリード線口出し部にトラッキングなどの痕跡が認められなかった。
●当該製品は焼損が著しく、唯一回収されたファンモーターに出火の痕跡は認められなかったが、他の電装部品等が焼失等により確認できなかったことから、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
2012年2月7日電気掃除機
【TC-BD10P】
発生場所 東京都
事故概要 当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。
調査の結果、当該製品のパワーブラシ用モーターのカーボンブラシが寿命により摩耗するとともに、当該モーター周辺にゴミが堆積したため、冷却不足となって温度が上昇し、堆積したゴミの変色、炭化、周辺樹脂の変色、変形が生じたものと考えられる。
関連情報 ---
2011年12月1日電気毛布
【SH-G45R】
(三菱電機株式会社ブランド 製造事業者 日本電熱株式会社)
発生場所 愛知県
事故概要 当該製品を使用中、足に低温火傷を負った。調査の結果、当該製品の温度制御は、ヒーター線内の感熱線と発熱線間のインピーダンス特性(表面温度が高くなると低い温度へ制御、表面温度が低くなると高い温度へ制御する特性)を利用して行うものであるが、このインピーダンスの設定値が変質していたため、表面温度の設定が本来の設定温度よりも高くなったことから、低温火傷を負ったものと考えられるが、ヒーター線のインピーダンスの設定値が変質した原因の特定には至らなかった。
関連情報 ---
14ページ中7ページ目を表示
戻る … | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | … 次へ
▲ ページトップに戻る